口コミを信じるな!市販最強の生漢煎 防風通聖散の効果をガチ検証


生漢煎,防風通聖散,副作用,注意点,腹痛,下痢,対策


生漢煎「防風通聖散」を服用するうえで注意したい点がいくつかあります。サプリメントではなく、漢方薬=お薬となっていますので、服用する前に注意書きをしっかりと読みましょう。特に注意したいのは、副作用ではないでしょうか。副作用とは、本来の目的にそぐわない症状のことです。副作用を含めた、防風通聖散のトラブル対処法をまとめました。






副作用を感じたときの対処法


副作用として報告されているのは下記のような症状です。軽い副作用と重い副作用に区別できます。



軽い副作用の症状


腹痛や下痢、軟便は軽い副作用の症状の一つ


  • ダルさ
  • 胃の不快感
  • 腹痛
  • 下痢
  • 軟便
  • 嘔吐・吐き気
  • 食欲不振
  • イライラ
  • 不眠
  • 発汗過多
  • 発疹
  • かゆみ
  • 発赤
  • 動悸
  • 発汗過多


軽い副作用の対処法


副作用の症状が軽いようであれば、そこまで大きな心配はいりませんが、例えば、1日に何度も吐き気を感じ、食欲が全くないといったように、症状が強く、自身で辛いと感じる場合は、服用を一旦やめて、かかりつけ医に診てもらって、今後の服用について相談するようにしましょう。





重い副作用


咳や発熱、震えは重い副作用の症状の一つ


  • むくみ
  • 血圧上昇
  • 体重増加
  • 震え
  • 手足のしびれ・痛み
  • 筋肉痛

  • 息切れ
  • 息苦しさ

  • 吐き気
  • 発熱
  • 尿が茶褐色になる
  • 白目が黄色くなる


重い副作用の対処法


重い副作用を感じるのは非常に稀だと言われています。しかし、可能性としてゼロではないかぎり、注意したいところです。



「偽アルドステロン症」は、副腎から分泌されるホルモンに関係した症状で、初期症状としてむくみや血圧上昇、体重増加、震え、手足のしびれ・痛み、筋肉痛を感じることがあります。



「間質性肺炎」は、肺胞と毛細血管を取り囲む間質という組織に生じる疾患で、初期症状として咳や息切れ、息苦しさを感じることがあります。



「肝機能障害」は、肝臓の機能が正常に機能しなくなることです。初期症状として吐き気、発熱、尿が茶褐色になる、白目が黄色く変色する、といった症状があります。



これらの初期症状を感じた場合は、服用をやめ、すぐにかかりつけ医に相談するようにしましょう。






美味しくないと感じたときの対処法


オブラートに包めば圧倒的に飲みやすくなる


漢方薬なので美味しくないと感じる方もいるかもしれません。そういう場合は、無理にそのまま飲む必要はありません。美味しくないと感じる場合は、オブラートに包んで飲むのがおすすめです。オブラートに包むことで苦味を感じることなく、飲むことができます。



オブラートは、ドラッグストア以外にも100円均一で買えますので、手軽に購入できると思います。無理して飲んでいると継続するのが難しくなってくると思いますので、ラクな方を選ぶといいですよ。






効かないときの対処法


出るものが出ない、効かないと感じる場合は、飲み方に工夫を加えてみましょう。例えば、飲むタイミングですが、食事前に飲んでいますか?食後すぐに飲んでしまうと、食事から摂った栄養素と混ざってしまい、本来の働きが失われる可能性があると言われていますので、食事の30分前に飲むのがおすすめです。飲み忘れてしまったときは、食後2時間程度あけてから飲むといいです。



お水または白湯と一緒に飲みましょう



他にも、お水もしくは白湯と一緒に飲むこと毎日コツコツと継続すること他の薬(特に下剤・便秘薬)と一緒に併用しないこと、などを守りながら飲んであげるといいでしょう。


飲み方以外だと、運動不足の解消と食生活の見直しをしましょう。



継続できそうな軽めの運動を取り入れるべし



運動はやはり大事です。ウォーキングやヨガなど軽い運動からでいいので、継続しやすい運動を行いましょう。運動が苦手な方は徐々に運動効率の良いものにシフトしていくといいです。運動をすれば、効率よく体脂肪を減らすことができます。



タンパク質と食物繊維を摂りましょう



食生活の見直しについては、糖質と脂質を減らしましょう。筋肉を作り代謝の良い体を作り上げるタンパク質(お肉やお魚、豆類)、糖質の吸収を抑えたり便を作る働きがある食物繊維(野菜や豆類)を積極的に摂ることをおすすめします。