口コミを信じるな!市販最強の生漢煎 防風通聖散の効果をガチ検証


生漢煎,防風通聖散,飲み方,効果的,タイミング,摂取方法


防風通聖散はサプリメントではないのでいつ飲んでもいいというわけにはいきません。効果的な飲み方やタイミングを覚えて、効果をしっかりと発揮させてあげましょう!実際に飲んでみて「こうしたらよくなった!」と私が感じた飲み方のポイントをまとめました。






毎食/食事の30分前に飲む


食事の30分前に飲むのがベストタイミング


漢方は自然に生育する植物=生薬を配合して作られるもなので、食事から摂った栄養素と混ざることでその効果が発揮されない可能性が出てきます。なので、食事で摂る栄養素の影響を受けない食事の前に飲むのが最もおすすめのタイミングとされています。



生漢煎、防風通聖散の場合、1日3包を目安に飲むことになりますので、朝食前・昼食前・夕食前と1日3食の毎食時前に飲んであげましょう。具体的には、食事の30分前がおすすめのタイミングといえます。



万一、飲み忘れてしまったときは食事と食事の間(食間)に飲むといいです。その際、食後すぐは避けて、食後から2時間ほど時間を空けて飲むようにするといいとのこと。






お水または白湯と一緒に飲む


お水または白湯と一緒に飲みましょう


最もおすすめなのは、お水と一緒に飲むことです。お水と一緒に飲めば、栄養の吸収が阻害されることがありません。白湯でも大丈夫です。



個人的は白湯で飲むのがおすすめです。100〜120mlのお水に防風通聖散を入れ、かき混ぜたのち、レンジでチンして温めてから飲みます。急いで飲むのではなく、ゆっくりと時間をかけて飲んであげるといいです。



お茶やコーヒー、牛乳、紅茶といったお水や白湯以外の飲み物は、それぞれの成分が防風通聖散の成分の吸収を阻害する可能性があるので、お水と白湯以外で飲むのはむしろおすすめできません。






1日の目安量を守ること


1日3包を目安に毎日コツコツ飲みましょう


摂取目安量は1日3包となっています。たくさん飲んだほうが効果が出そうなイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。漢方には副作用のリスクがあることを考えると、朝食前・昼食前・夕食前の1日3回(3包)の目安量を守るべきです。



お腹がゆるくなる場合に摂取量を1日1〜2包にする、というように減らすのであれば問題ありません。摂取量が目安量を超えないように注意しましょう。






毎日継続して飲むこと


漢方薬を飲むうえで心得ておきたいのは、毎日の継続が大事であるということ。口コミの統計からもわかったように、速効性には期待できるものではないので、毎日コツコツと続けることが実感への近道となってきます。






飲み方以外のポイント


軽めの運動を取り入れる


健康的な体を取り戻したいのであれば、運動を取り入れたほうがいいです。というのも、運動をしてあげないと体型は変わらないからです。運動なしのダイエットでは引き締まった体を手に入れることは難しいです。



継続できそうな軽めの運動を取り入れるべし



運動の内容についてですが、激しい運動を選ぶ必要はないです。継続することが最も大事なので、まずは軽めの運動からはじめましょう。例えば、ウォーキング。いきなりジョギングからはじめると体力がついてこないだけでなく、怪我をするリスクも伴ってきます。ウォーキングは運動効果は低いですが、続けやすいので、習慣化しやすいです。



ウォーキングに慣れてきたら、スロージョギング(速度の遅いジョギング)にシフトしていく、といったように内容をちょっとずつ変えていくと無理なく運動を続けることができます。少しずつ負荷の強いものにシフトできるのが理想です。



体力に余裕があれば、筋トレもしたほうがいいです。筋肉には脂肪を燃焼させる働きがあるため、筋肉量を増やすことがダイエットに直結します。ウォーキングやジョギングは有酸素運動に当たりますが、筋トレは無酸素運動になります。有酸素運動と無酸素運動をかけ合わせることでより体脂肪は燃焼しやすくなります。





食生活を見直す


健康的な食事を目指しましょう


食生活も見直していきましょう。基本的には栄養バランスを整えることを意識してあげたいのですが、摂ってはいけないものorいいものを知ることがとても大事です。



炭水化物(糖質)はできるだけ減らしましょう



まず、なるべく摂取量を減らしたいのが糖質です。糖質は甘いもの、お米や麺類、パンといった炭水化物に多く含まれ、体脂肪を蓄積させる主原因となるので、夕食は特に摂取量を減らすといいです。炭水化物はエネルギーになる存在でもあるので、朝食や昼食ではある程度摂ってあげてもいいです。



脂っこいものも避けましょう。脂っこいものは、想像どおり、体脂肪を蓄積させる原因になってきます。



タンパク質と食物繊維を摂りましょう



逆に、摂っても平気なのはタンパク質と食物繊維です。タンパク質はお肉や豆類、お魚に多く含まれる栄養素ですが、筋肉を作る働きがあるため、痩せやすい体を作り出すのに欠かせません。食物繊維は野菜や豆類に多く含まれる栄養素で、腸の働きを活発にさせる働き、糖質の吸収をブロックする働きがあるため、カラダについてほしくないものを取り払ってくれるダイエット中の大きな味方となってくれる栄養素です。