口コミを信じるな!市販最強の生漢煎 防風通聖散の効果をガチ検証


生漢煎,防風通聖散


生漢煎「防風通聖散」に関するよくある質問をまとめてみました。






いつ飲むのがいい?


食事の30分前に飲むのがベストタイミング


最もおすすめの摂取タイミングは、食事の30分前と言われています。毎食前に飲むようにしましょう。食事の前に飲むことによって、防風通聖散が本来の働きをします。






飲み忘れたらどうすればいい?


飲み忘れても食後すぐは避けましょう


飲み忘れてしまった場合は、食事と食事の間に飲んであげるといいです。食事の直後は飲むタイミングとして適していないので、食後2時間程度の時間を空けて飲むようにするといいです。






飲むのは夜だけでもいい?


1日3包を目安に毎日コツコツ飲みましょう


朝昼晩の1日3回服用するのが目安となっています。夜だけ飲むのは決して悪いわけではありませんが、効果を実感するには1日3回飲まれたほうがいいでしょう。たくさん飲めば飲むだけいいというものでもないので、あくまで目安を守ることが大事です。






まずいの?


オブラートに包めば圧倒的に飲みやすくなる


味の感想は主観なので、人それぞれとしか言いようがありません。甘いと感じる方もいますし、苦いと感じる方もいます。甘さを感じる場合はそのまま飲み続けても大丈夫でしょう。苦いと感じる場合は、オブラートで包んで飲んであげると、苦味を感じずに続けられるのではないでしょうか。






満量処方とはどういう意味?


満量処方は生薬を100%配合していること


満量処方とは、生薬の量を減らすことなく満量、つまり、全量配合しているという意味です。生漢煎「防風通聖散」の場合、27.1gの防風通聖散が全量配合されていることになります。ものによっては、満量処方に対して75%しか配合されない「3/4処方」、50%しか配合されない「1/2処方」の漢方薬もあります。






トイレが近くなるのはなぜ?


利尿作用でむくみスッキリ


利尿作用に期待できるためです。利尿作用を高めることによって体の中の不要なものを排出させて、むくみを翌日に残さないようにしてくれます。トイレが近くなるのは好転反応と考えていいでしょう。






お腹がゆるくなるのは大丈夫なの?


腹痛や下痢、軟便は軽い副作用の症状の一つ


体質によってはお腹がゆるくなってしまう方もいるようです。腹痛や下痢は副作用の軽い症状として報告されています。軽い副作用であればそこまで大きな心配はいらないので、症状がひどくなければ、そのまま飲み続けても大丈夫です。症状がひどい場合や不安な場合は、かかりつけ医に相談しましょう。






飲んじゃいけない人はいるの?


不安要素がある方はかかりつけ医に相談を


体が虚弱な方、胃腸が弱く下痢になりやすい方、発汗過多の方、高齢者の方、高血圧の方、心臓病の方、腎臓病の方、甲状腺機能障害の方、現在進行系で治療を受けている方は、かかりつけ医に服用が可能かどうか判断してもらいましょう。






妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?


妊娠中や授乳中は飲まないでください


妊娠中や授乳中は体が不安定な時期で、赤ちゃんは親の栄養を頼りにしますので、赤ちゃんにどのような影響が出るのかわからないものを与えるわけにはいきません。ご自身の体はもちろんのこと、お子さんの体にも気を使わなければなりません。






持病の薬を併用しても大丈夫?


別のお薬を服用の方はかかりつけ医に相談!!


持病の種類によります。持病のお薬を服用されている方は、かかりつけ医に相談してから服用するかどうか決めましょう。ただし、瀉下薬(下剤)を飲んでいる場合は、併用をやめるように明記されています。






運動なしでも痩せる?


体型を変えたいなら運動を取り入れるべし


やせ薬ではないということを覚えておきたいところです。お通じをサポートしたり、むくみにアプローチするのが主な働きなので、健康を意識して飲まれるのであれば、軽めでいいので運動は取り入れたほうがいいです。運動を取り入れることでダイエットに役立てることはできるでしょう。






食事制限はしたほうがいいの?


食事は単なる制限ではなく内容を見直し


したほうがいいです。たとえば、塩分を摂りすぎるとむくみを感じやすくなるので、味の濃いものを減らすだけでむくみを感じにくくなります。糖質や脂質の多いものは体脂肪を蓄積させやすいので、これらも摂取量を減らしていきましょう。不足しがちなタンパク質や食物繊維を摂ることを心がけるといいです。